葉酸サプリを飲むべき時期

葉酸サプリといえば妊活中の段階から取り入れた方が良いとして知られていますが、具体的にはいつまで飲めば良いのでしょうか。

まず、妊活中に葉酸サプリを取り入れた方が良いと言われるのは胎児の先天性異常を防ぐためには妊娠初期の段階で体内に十分な量の葉酸がなければならないとされているためです。

妊娠の兆候があってから葉酸を取り入れたとしても先天性異常を防ぐのに効果的な時期は過ぎているため、妊活をしようと決めたらすぐにでも葉酸サプリを取り入れるようにしましょう。

ただ、妊娠がわかってから取り入れたら全く意味がないというわけではありません。 実際に妊娠が分かってから葉酸サプリを飲み、元気な赤ちゃんを産んでいる方もたくさんいます。

葉酸サプリには早産や流産のリスクを軽減する働きもあるため、妊娠前に葉酸サプリが飲めなかったという方も気づいた時から飲み始めましょう。

具体的にいつまで飲めば良いのかというと、妊娠から妊娠3ヶ月までの間は摂取が推奨されています。 この期間は胎児の脳や脊髄の成長に深く関わっている期間であるため、細胞分裂を助けてくれる葉酸が非常に重要な意味を持っているのです。

では妊娠4ヶ月目以降は飲まなくても良いのかというとそうではなく、厚生労働省は4ヶ月以降も普段よりも多い480μgの摂取を推奨しています。

葉酸は赤ちゃんだけでなくママにとっても重要な栄養素であるため、安全で信頼できるものを取り入れましょう。

また、質の良い母乳を作るのにも役立つため、授乳期にも取り入れた良いサプリです。

また、葉酸は出産をした際に傷ついた子宮の回復を助ける効果もあると言われています。 そのため、妊娠後も引き続き取り入れていくと良いでしょう。

産後に抜け毛などのトラブルに悩まされる方も多いのですが、そういったものを予防するのにも効果的な栄養素です。 子育てが大変だと産後うつに繋がってしまう方もいますが、精神を安定させる働きもある栄養素なのでしっかり取り入れていきましょう。

ページの先頭へ