葉酸サプリとアレルギーの関係

一口に葉酸サプリといっても様々な種類があります。 そのため、どれを選べばいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

気になったものから試しているという方もいますが、サプリ選びをする際にいくつか注意しておかなければならないことがあります。 まず、石油が使用されている合成の葉酸サプリは避けておいたほうが無難だということ。

というのも、石油が使われている合成の葉酸サプリは赤ちゃんが喘息やアレルギー体質になってしまう可能性を高めるといわれているからです。

妊婦であるということは、体の中にもう一つの命があるということ。 自分だけの体ではないため、取り入れるものは慎重に選ばなければなりません。

根本的に、妊婦は化学合成されているものを取り入れること自体推奨されていないため、石油が使用されている合成の葉酸サプリは避けておいた方が良いでしょう。

喘息やアレルギーといえば完治させるのがとても難しいので、できることならば避けておきたいですよね。 合成サプリではなく天然サプリを選ぶだけでもある程度リスクを減らせるので、サプリ選びはしっかり行いたいところです。

それから、天然のサプリであったとしても過剰摂取には注意しなければなりません。 過剰摂取した場合にもアレルギー誘発物質となってしまうことがあるため、アトピーや喘息の発生確率が高くなってしまうのです。

それだけでなく、過剰摂取には様々な問題があるので、用量を守って正しく使いましょう。

通常の食生活の中でも葉酸を取り入れることができますが、それくらいでは過剰摂取に繋がることはほとんどありません。

問題になってくるのは葉酸サプリを取り入れた場合です。 葉酸サプリは妊娠を希望している方や妊娠中の方に取って欠かせないアイテムではありますが、食事から葉酸を取り入れるのに比べると過剰摂取のリスクが大きくなるので、必ず適切な量を飲みましょう。

摂取量の上限は1000μgとなっています。 特に妊娠後期は過剰摂取が喘息のリスクをあげるとされているので注意しなければなりません。

ページの先頭へ