葉酸欠乏について

葉酸は体内でどのような働きをするのかというと、主に細胞が作られたり増えたりする際に使われます。 特に妊娠前や妊娠初期の段階で非常に重要な役割を持っているため、妊娠を希望している方や妊娠したばかりの方は不足しないように注意が必要です。

普段から健康維持に葉酸を役立てている方もいますが、赤ちゃんが成長していくためにも欠かせない栄養素だといえるでしょう。

葉酸は普段の食生活でも摂取することができますが、食事だけで十分な量の葉酸を摂取しようと思ったら野菜などをかなり食べなければなりません。 葉酸が含まれる食材といっても変わったものではなく、野菜類や果物、乳製品などに含まれています。

特に、妊娠前から妊娠12週までの間は意識してたくさんの葉酸を摂取していきましょう。

もしもこの段階で体内に十分な量の葉酸がない場合、葉酸欠乏と呼ばれる状態になってしまう可能性があります。

ただ、葉酸が含まれる野菜などをたくさん食べなければいけないと思ってはいるものの、つわりがひどいなどの理由から食べるのが難しい方もいますよね。

特に妊娠初期はつわりがひどくなりやすいので、好物さえまともに食べられないという方も珍しくありません。 妊娠中はできるだけ栄養バランスの整った食生活を送っていく必要がありますが、足りない栄養素はサプリメントで補いましょう。

葉酸も妊婦におすすめのサプリメントがたくさん出ています。

葉酸サプリであればつわりがひどい方でも無理なく飲めるので、葉酸不足を気にしている方はサプリで取り入れると良いですね。

つわりがひどくてほとんど食べられなかったとしても、最低限のものさえ食べていれば赤ちゃんにそれほど大きな影響もたらすことはありません。 ですが、葉酸の欠乏は赤ちゃんの先天性の異常にも繋がってしまうため、必ず取り入れておいた方が良いのです。

葉酸サプリといっても様々なもの種類があり、飲みやすさも違います。 つわりがひどくて悩んでいるという方も自分にとって飲みやすい葉酸サプリを探してみてはどうでしょうか。
秋田大学医学部附属病院

食事のみで十分な葉酸は摂取可能?

葉酸はサプリからだけでなく食事からも取り入れることが可能です。 サプリというものに抵抗を感じている方もいるかもしれません。

通常の生活では、食事から十分な栄養を摂取したいところですよね。 サプリといえば不足しがちな栄養素をサポートするためのものとして使われることが多いです。

葉酸の場合も食事からしっかり摂取しておきましょう。 ですが、妊娠したい方や妊娠を予定している方は食事から取れる葉酸だけでは不足しがちです。

まず、妊活中の方や妊娠を予定している方についてですが、こちらは通常の食事に加えて400μgの葉酸をサプリで摂取しましょう。 ただ、もしかしたらサプリではなく、すべて食事から摂取したいと考える方もいるかもしれません。

まず、食事から摂取できる葉酸とサプリメントから摂取できる葉酸では体内に入ったとの吸収率が違います。 体内で吸収される量のことを相対生体利用効率というのですが、サプリは85%、食事は50%です。

これを相対生体利用効率に当てはめてみると、サプリメントで葉酸を400μg摂取するのと同じ量の葉酸を食事からのみで取りたいと思った場合、680μg摂取できるように考えなければなりません。

しかも、厚生労働省では食事からは240μgの葉酸を摂取するように推奨しているため、240μg+680μgということで920μgもの葉酸が必要になるわけです。

食事からのみで920μgも摂取するのはほぼ不可能だといえるでしょう。 そのため、すべてを食事で取り入れようと考えるのではなく、推奨されているように食事からは240μgの摂取を目指し、サプリからも400μg摂取できるように考えた方が良いですね。

次に、妊娠3ヶ月が経過している方の場合、葉酸の推奨量が約半分になります。 それくらいの量であれば食事だけで摂取することも不可能ではありませんが、20歳~40代女性の平均葉酸摂取量は250μgと言われているのです。

妊娠3ヶ月以降は480μg程度の摂取が勧められるので、一般的な食事では不足すると考えた方が良いでしょう。

効果的に葉酸を摂るには?

葉酸を取り入れる際には効果的な摂取方法についても知っておきましょう。 まず、極端に葉酸が不足してしまうのはどういった方なのかというと、好き嫌いの激しい方です。

葉酸は様々な食材に含まれている栄養素なのですが、好き嫌いが激しくて食べるものに偏りがあると十分な葉酸が摂取できない場合があります。 貝やレバーだけでなく、卵黄やブロッコリー、かぼちゃ、乳製品などにも含まれている栄養素なので、様々な食材をバランスよく食べることが大切です。

ただ、通常の健康管理の一環として葉酸を取り入れる際には食材から取り入れるだけでも良いのですが、妊娠中や妊活中の方はそれだけでは足りません。

そのため、サプリで葉酸を取り入れると良いでしょう。

自分は様々な食材を偏りなく食べているから葉酸も足りているはず…と考えるのは危険です。 妊娠中や妊活中はそうでない時期に比べてたくさんの葉酸を必要とします。

ポイントになるのは、妊娠をした方だけでなく、妊娠を目指している方にとっても葉酸は必要な栄養素であるということ。 妊娠がわかった時点ではすでに体内に十分な量の葉酸があることが理想です。

その理由として、細胞分裂が活発になる妊娠2~4週目や脊髄が作られる7週目の時点で体内にたくさんの葉酸がないと胎児の成長に問題が起きてしまう可能性があるということが挙げられます。

葉酸は赤ちゃんが健康に成長していくためにも欠かせない栄養素であり、神経管閉鎖障害のリスク低下にも役立ってくれる栄養素です。 赤ちゃんの成長の中でも、脳や脊髄の成長に役立つ栄養素なので不足しないように注意しましょう。

そのため、葉酸サプリの準備は妊娠前から始めておくのがおすすめです。 特に妊活中の女性はいつ妊娠してもいいように普段から葉酸サプリを入れておくと良いですね。

他にも、普段からお酒をたくさん飲む方などは体内の葉酸が減ってしまうため、葉酸サプリを取り入れて葉酸欠乏症に陥らないように注意しましょう。

葉酸欠乏症は、お腹の中に赤ちゃんがいる方だけ注意しておけばいいというものではありません。 動脈硬化の原因にもなってしまうので、葉酸をサプリで効率よく摂取すると良いですね。

ページの先頭へ